GSX1100S ミラー風圧対策 ミラー分解 | カタナいじり日記
FC2ブログ
< 2018年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2018年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > GSX1100S ミラー風圧対策 ミラー分解 > GSX1100S > GSX1100S ミラー風圧対策 ミラー分解

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント×  トラックバック×

GSX1100S ミラー風圧対策 ミラー分解

2016年06月18日(土) 15:04

久々の投稿です。
今まで気になっていながらも、どのようにバラせばよいのかわからず放置していた部分がありました。
しかし、このたび分解の仕方を教えてもらいましたので、早速作業に取り掛かります。
現代のバイクのミラーは超高速域での風圧に耐えるため、ミラー調整の際、アウターは固定でインナーのみ動かす構造となっていますが、カタナのミラーはその前の時代のもの。アウターごと動かして調整するタイプの為、風圧、振動に負けてしまうんです。
ヘルメットを引っ掛けただけでミラーの位置が変わってしまう程ですからなかなか面倒でした。
自動車の内装はがしを使用して、ミラーを押さえているふちゴムを全周にわたって奥に落としていきます。
IMG_2641 (20)
ふちゴムが全部奥に落ちたら吸盤を使ってミラーを外します。もちろん吸盤はなくても外せますが、鋭利な工具を使用してミラーをこじってしまうと割れてしまいますので慎重に作業してください。
IMG_26002.jpg
ミラーを外すとこのようになっています。このスポンジの中にウエイトが入っています。洗車の時、あまりミラーに水を掛けないほうが良さそうですね。
IMG20362.jpg
上から順にミラー、ふちゴム、本体となっており、手前から順にセットしていきます。
IMG 26382
で、ここが問題のナットです。スプリングがかませてありますが、かなり緩いテンションで締めてあります。
IMG_2639 (20)
10㎜のソケットで締め込んでいきます。
IMG_2640 (22)
その後、順番にミラーとふちゴムをセットしてから本体にパチンっとはめ込んでやれば完成です。
そしてもう一ヶ所、ステーのこのジョイント部分も緩んでました。しかしここまで薄いソケットを持ち合わせていませんので、ラジオペンチで締め込んでおきます。
IMG_2648 (22)
さあ、明日のツーリングで効果を確認するとしましょう♪



にほんブログ村ランキングに参加中です。
↓バナーをぽちっとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓こちらも宜しくお願いします

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:バイクの修理・整備 ジャンル:車・バイク

カテゴリ:GSX1100S /  コメント(0トラックバック(0

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


プロフィール

まっきー単車乗り

Author:まっきー単車乗り
バイクいじりに関する日記です。
GSX1100S カタナ、YZF-R1、KDX125SR、KLX250SR等のメンテナンス、カスタム、レストア内容を記してあります。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。